瑞江の動物病院 みずえ動物病院


みずえ動物病院では、飼い主様と「話すこと」を大切にしております。
みずえ動物病院トップ 診療案内・交通のご案内 設備のご紹介 スタッフ紹介 病気と予防について 皮膚病について 夜間救急の方は
      みずえ動物病院  >  皮膚病について
皮膚病について

皮膚病イメージ

多くの場合、皮膚の病気は外側に病変や痒みがあり、飼い主様が 病気だとわかっていて来院されます。「先生、ほらここに!!何 でしょう?」ときかれます。 こんなに目に見えているんだからと思われるのはもっともですが 同じような外見になってしまう皮膚病、実はたくさんあります。 (中には典型的な病変の皮膚病もあります) いろいろな皮膚病の中から候補をあげて、検査をしたり治療をし たり、あれは違う、これは残ると「消去法による鑑別」をしてい くことで答えを探していきます。ぱっと見て原因がわかる皮膚病 は滅多にありません。ですから皮膚病に悩む飼い主様にお願いです。 こんなに見えているんだけど・・・たくさんお話ききます、すぐに 答えは出ません。治療の結果を診せてください。

     問診          お話を聞くことです。
○ 雄雌、避妊しているか、品種、年齢、食餌など基本的なプロフィール
○ 症状について、どこに病変があるか、見た目は?かゆみは?
○ 皮膚病以外に何か症状があるか?
○ いままで何か検査や治療をしたか?その結果は?

     診察          病変を診たり触ったりします。
○ 視診・触診・病変そのものはもちろん、分布や程度、他の皮膚の質などを診ます。
     検査          
○ テープ検査・・・
皮膚の表面にあるものを顕微鏡でみます。
○ 毛検査・・・
毛の構造や毛根の変化、カビ、寄生虫などを顕微鏡で調べます。
○ そうは検査・・・
皮膚をひっかいて浅層部分の寄生虫や組織を顕微鏡でみます。
○ 特殊検査・・・
必要な病気が疑われる場合行います。血液検査細菌、真菌培養、内分泌検査、アレルギー検査、病理検査など。
     治療          
答えが出て治療が行える皮膚病もありますが、治療しながら答えを探していく皮膚病も あります。例えばアトピー性皮膚炎の多くは細菌や真菌感染を併発しています。 感染症による皮膚病なのか、そのもとにはアトピーやアレルギー疾患があるのか これは治療し細菌などをやっつけた後どうかが大切です。その結果を診せてください。
     維持          
アトピーを含むアレルギー性皮膚炎、角化症の多くは、継続した手助けが必要な皮膚病 です。「良い状態をなるべく維持する」そのための方法はそれぞれで違います。 こちらの子にうまくいっても別の子にうまくいくとは限りません。 それぞれの子にあった、そして家で実行可能な方法を飼い主様とともに探していきます。

診療・アクセスのご案内


▲このページのトップへ
Copyright 2010 みずえ動物病院All Right Reserved.